読書

読書

『一汁一菜でよいという提案』の感想とよかったところ

本の概要 後書きにも少し触れているように、タイトルが伝えたいことそのままになっています。 けれど、その一汁一菜でよいという提案を伝えるが為に、たくさんの観点からのとても興味深い話がなされます。 何より、この本を読むと食事・料理への悩みが減...
読書

『前祝いの法則』の感想とよかったところ

本の概要 予祝という言葉は辞書にもある言葉でして、「前祝い」のことです。 もう、いい起こる前に、先に祝ってしまう。 日本古来でお花見をしていたのは、秋にたくさんの実りが訪れるようにという願いもあったそうです。 先に祝ってしまうことで願い事を...
読書

使命がわかる、ひらがな50音・名前のことだまの本の感想とよかったところ

当ブログは書評メインのブログではありませんが、時折本のご紹介をすることがあります。 過去に読んだ本を思い出して、比較的誰にでもご紹介できるような汎用性の高い本ってどういうものがあるかな~と考えた時、浮かんだものはこれでした。 ことだま5...
スポンサーリンク
読書

『望む現実は最良の思考から生まれる』の感想と自己啓発本の読み方

本の概要 ご機嫌でいることで現実を変えていく。そのための思考の変え方や考え方、コツなど、より現実を良くするためのコツがたくさん乗っている、自己啓発本に分類される本です。 より人生を自分の願った通りに生きていく。 できるだけポジティブになも...
読書

『しいたけ.のやさしいお守りBOOK』の感想とよかったところ

本の概要 この本が出版される同年に発売された『しいたけ.の小さな開運BOOK』は運気を開けていくための本であるならば、こちらは運の風が吹いていない「ちょっと弱っているな…」という時におすすめの本です。 これらの本はnoteでの...
読書

『新版 ずっとやりたかったことを、やりなさい。』感想とよかったところ

どんな人でも、年齢も関係なく、創造性はある。アーティストとして生きることはできる。 思い込みを捨て、やりたかったことをやるために。 創造性を回復させる考え方と、ワークが盛りだくさんの1冊です。 この本のよいところ 人には誰しも創造性があるア...
読書

『しいたけ占い 12星座の蜜と毒』『しいたけ占い 12星座でわかるどんな人ともうまくいく方法』の感想とよかったところ

以前、2021年に出た『しいたけ.の小さな開運BOOK』の記事を書きました。 その後、以前に出した本も手に取る機会があったので、今回はそちらの感想2冊分になります。 どちらも12星座の読みやすい内容で、それぞれちょっとテーマ性が違っていたり...
読書

『人を操る禁断の文章術』の感想とよかったところ

今回は刺激的なタイプのタイトルをした文章術の本の感想です。 実は「参考にする」…というよりも、「まったく自分がしていない考え方に触れたい」という目的で手に取った本です。 最初に余談を持ってくるのもアレですが、序文の「こういう人は本棚に返して...
読書

『絵を描く仕事で成功するテクニック ルーミスの体験に基づく「光とカゲ」や「パース」から学ぶ』感想とよかったところ

本の概要 絵仕事のテクニック、ではなく基礎画力向上の内容。 成功するっていう言葉は社会的名声とかそういうものではなくて、「いい絵が描けるよ」という点ですね。 そこすごくタイトルで誤解しそう。 でも内容自体はパースの作例のわかりやすい本だと...
読書

『カラー&ライト – リアリズムのための色彩と光の描き方』の感想とよかったところ

本の概要 光と色の性質をとてもよく解説された大型本。 イラスト、動画、グラフィック、さまざまな分野で活用できる内容であり、読み物としても興味深い知識が盛りだくさんです。 また、写実的なファンタジーイラストの数々も見どころがあります。 技法...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました