【メギド72】イベント感想「小さな君に、伝えたいこと」

メギド72

今回のイベントは「6章を読んでから読むのをお勧めします」と注意書きが出るけど、「嵐の暴魔」も常設なのでついで書いておいてほしいとは思った。
ネタバレを含みますので未読の方はご注意を。

メギドの近況

ゆったりモードの進行です。新規はリジェネオロバスやニスロク。
タクティカルソートのことはわからんが、お手軽スキル強化がいなかったのでそこはうれしい。タクティカルソートのことはわからん。

ワンクッション

今回ちょっと迷ったんですが……後々色々追加されたり復刻の時にイベントのシナリオテキストが改稿されたりすることはあるようなので、後から見返した時にどうなるかなぁという部分も含めて書いていきます。

あの時はこうだったけど今にしてみればよかったんだね、を期待している。
この前書きがあるということはそういうことです。
全体的にポジティブな感想ではないので、どうかご自衛を。

イベント感想

・うーーーん、ハッピー寄りのノーマル~グッドエンドくらいかな…。
・個人的な基準ですが、主要キャラがロストしたらハッピーエンドではないかなと。でもハッピーエンドの圧がすごい。
・この物語をハッピーエンドとして受け取るためには、読み手がジズを好きである必要があると思っています。その点で私は最初の段階から今回のイベントシナリオを感情移入して読めないとわかっていたので期待値を下げて距離を置きつつするーっと読んでいます。
・フィクションを読んでいる際の、足を引っ張りうじうじする年齢が著しく低いキャラに対してちょっともどかしく感じるのが苦手でして。
・なのである程度は読み手の好みの問題だな仕方ないな!と割り切ってる。
・好みの問題を抜いてだと…何でしょうねこのTRPGで言うならシナリオの大筋やPCはすごくいいのにKPの誘導がちょっと強引で没入できなかったような…そういうもったいなさを感じますね。

・なお後々歌を聴いてみるとだいぶよかった。さすがの歌の魔力。
・セーレが歌ってない件はあれ?でしたけど。外見子供キャラだからキャラ的には別に歌っていてもええやん…お声のスケジュール的な事情なら致し方ないけども。

・大人ジズの側に立つ人が本当に一人もいなかったことがちょっと驚いてまして。
・意見決めるのに多数決で意思を確認したりしているメギドにおいて、誰もどうにかしたいって明確に声をあげなかったのがちょっと不思議で仕方がなくて。
・まぁソロモンたちが幼児ジズ側になるのはね。人情的にそうなるだろうし、親しい人にいなくなってほしくないでしょうし、ヴィータ的な感性からは子供に甘くなるだろうし。
・幼児ジズの全肯定に持っていくために不穏な部分は敢えて書かなかったのかなとシナリオ的な都合を勘ぐってしまったポイントです。

・それはそれとして夢の中のモブたちの奇行、これ書きたかっただけだろとは思った。
・気持ちはわかる。夢の中特有の筋の通らない奇妙な描写、楽しいもんな…そこはとてもわかる…。変なところで性癖の同意を感じるな。
・でも今回の話に必要な描写だったか?って言われると微妙かなと。それでも書きたいもの入れたくなる気持ちはわかる。まだ言う。
・それこそ無意識の世界が悪い風に変質していることを示すなら、みんな大好き媚おばさん出した方が伝わりやすかったように思う。でも今回の話では全肯定の祝福のためにそういう部分省いたのかなとも。

・これ例えばの話ですけど…。夢の中の冒険で裂け目ができた時にリリムが危ないからと警告したから入らなかったけど、そこであえてセーレが一人裂け目に入っていって、それで大人ジズに会って、彼女の気持ちを理解して、セーレ自身も子供ジズ対してちゃんと情があって、その2つを理解した上でジズに生きようと説得をしてくれて、そして追い打ちでプロメテウスとベヒモスの歌が来て、それらが子供ジズ自身に響いて自分が自分として生きていたいという意思を表明したならば、話の流れも少しは自然になりそうだし子供ジズのことをちゃんと好ましく思ったし納得できたなぁと。

・嵐の暴魔ではちゃんと加害者だったことを描写していて、今回誰も悪くなくとも消えてしまったものはあって、それでも無条件の愛と生への祝福を推してくるのちょっと釈然としないものがある。
・受け入れて統合するとかじゃなくて辛いのを持って行って消えたという流れだったのも…いや子供に辛い重荷を背負うことを求めるわけではないんだけど…!
・今回何書いても子供だから仕方がないっていうのがどうしても枕詞で入るので…いやそういうところがめんどくさい。そういうところも含めてちょっと意思の弱い幼児キャラが読んでて苦手なんだと思う。

・生きることも変化も不可逆で、転生メギドとして生まれた以上その生まれ直した存在であるっていうソロモンの主張は一応納得した。正直この説明がなかったらかわいそかわいいの話だったんだなと解釈するところだった。
・過去ジズの仲間の幻獣達は多分もういない可能性が高いし、そういう意味でももうすでに彼女は過去の存在。過去の存在は死にゆくものだっていうのもまぁわかるのだけども。
・わかるけど悔しいって感じ。
・今まで仲間にしてきた追放メギドは大人ジズのようなのも含まれていて、彼女は彼女なりの願い(個)を通して辛い形で転生したことになるわけだけど、先に出会った幼い方を選んだの、なんか悔しいな。
・聞き分けのいい大人としてはこれが物語として美しい形だっていうのはわかるんですけど…まあでも素直な感想としては、やだな。でした。
・せめて子供の方が暴魔の時ぐらいもっとちゃんと生きる主張してほしかったところはあるかもしれない。傷ついた子供に求めるのは難しいところだけどね、説明するのにもいちいちフォローがいるのでやはり難しい相手なんだよな。

・セーレが配布であることに対して結構疑問に思われた方が多いようで。
・私は配布が誰かについてはそんなに気にはならなかったんですけど(元々キャラ確定入手じゃないガチャゲーだからそのあたり最初から期待してないため)まあ確かにそう感じるのもわかる。
・一方でソシャゲスケジュール的にガチャに誰を入れていくかと考えたらまぁ入れるのはジズとベヒモスだよね。

・セーレの活躍ポイントも、まぁジズイベ2と呼ばれてしまう配分ではあったかな。
・私はCセーレがいるのでまだキャラスト読めてるのですが…その前提を抜いたら伝わりにくいって思ってしまうかもしれない。

・正直、イベントで自分の好きなキャラが今回のセーレやエリゴスのようなポジションだったらと思うとすごく残念な気持ちにはなる。機会損失だと思う。
・どうしてここで仲間になるのがジズじゃないんだろうって言われるのって、セーレやそのキャラが好きな人にとって辛くないか?
・そう少なくない数の相手に思わせてしまったなら、厳しい言葉になってしまうけど書き手の配慮がちょっと足りなかったことにはなってしまう気がする…そこらへんを含めて惜しい、なんだと思う。

・メギド運営の場合、ある程度信頼があることで逆に失望が強まるというのがありそうなので…。愛が反転して強い憎しみになる感じのそれ。
・コースターを100種類以上出してくるようなキャラをある程度平等に扱っていこうという姿勢を見せている分、ないがしろにされたと感じた時の失望はまあ大きいだろうと。

・ついでで余計なことを言ってしまうと、イベントは期間限定なので復刻はされるけどまぁ今回は…で流せる範囲なのだけど、第二回メギドミー開催されたらこれ入ってきそうで怖いんですよね。現状のままだとちょっと気持ちよくはないかもしれない。
・だからといって加筆修正すればそれでいいってわけでもないんだけどね…サイレントイベントテキスト修正よくも悪くもあると思っているので。
・ちなみにひどいと評判のレラジェイベントは未読。初回時にゲームを開始していなかったのと復刻でクリアするだけクリアして読むの忘れてたため。そんなに言われるほどならどれだけだったんだろうと震えている。

配布と性能のこと

バトル関連の性能のことはそこまで詳しいわけでも調べているわけでもないんですけども…このセーレくんの封印をもらってもどう生かしたらいいかわからない。
初心者~上級者と考えた時にどの層が喜ぶのかもちょっと私にはわからない。幅広くいろいろできるあたり彼らしいとは思うのだけど、本当にはじめたて初心者の時だったらフォトン湧き次第で柔軟に動く子として編成に入れたかも…?
好きな人が好きだから生かす場を考える、はそれもうキャラ愛なので、キャラの好みとは別にこの性能ならこれができて面白そう、ぐらいがいい気がする。

確かに封印のキャラって配布ではいなかったかもしれないけど、そもそも封印自体がどんなメリットがあるんですかって感じなので…ステータス見ても説明文に直結しないし。
一応私には手元にアマゼロトとベヒモスがいるので、まぁそこはフォトンがぼぼぼっと湧いてすごく強いなーってところはわかるんだけど、でも突然封印です組み合わせでバフがあるよって配られてもはい?って感じなので。しっかり生かすにはゲージが重いかな…。後から霊宝配ればいいって発想ならよろしくない傾向ですし。
シナリオだって後から直せばいいされたらそれはそれですごく嫌です。

ただハイドロボムの時のように、突然水フラウロスを配られた段階ではハイドロボムって強いの??って具合で、将来的に他のキャラが充実してきたり整備されていくことでもしかしたら封印付与も重要なポジションになったりする可能性はもちろんはある。
(ただ正直フラウロスはダメージ与えずに倒したい敵の多いHボムでダメージつき列速ボムだし確率不安定だしで、トルーパーであるメリット以外正直使いにくいと感じるのですが)
ただその全体像をユーザーはわからんので…まぁ困惑はするよね。
そういうとこらへんをプロデューサーレターや生放送でフォローしてあげた方がいいんじゃないかという気はする。何でもかんでもネタバレできないとしても。

おわりに

ここまでいろいろ書きましたが、少し遠い未来にイベント復刻されたり、新キャラ実装や調整でもっとキャラの面白い使い方が見つかってきたよーと、この記事読み返した時に思えたらいいなーという気持ちでの記録的な記事でした。

今回に限らず普段からいろんな意見が出ていることだろうし、それらをすり合わせていくのはなかなか精神力を使うことだと思いますが…スタッフさんには健やかに暮らしつつ、いい作品も作ってくれることを願っています。




タイトルとURLをコピーしました