【メギド72】7章2節感想

メギド72

ストーリー、攻略共にネタバレを含みます。

近況

現在メギド43+11
今回のサバトでとっても強いと評判のニバスちゃんが来てくれました。
うーむ、連撃アタッカー層が手厚くなってきたな…。

ストーリー感想・箇条書き

7章1節終了後の予測では絶対ハイドロボムを使ってくるだろうと信じて疑っていなかったんですけども、意外とそうでもなかった…いやもっと連発してくるかと。ボス全員使ってくるぐらいの覚悟はしていた。そんな覚悟はいらなかった。

7章に入ってからとにかくザコとボスのコンビネーションがキツイので、編成にはかなり悩まされるようになりますね。
でも話の続きは早く読みたいしでなかなかもどかしい気持ちにさせられてます。
この記事書いている人は不死者の面々の育成完了はパイモン抜かしてバエルまでなので、育成が行き届いていない人がまあがんばってるんだなということでお許しいただければ幸いですね!

・魚が指輪に詰まるという表現があまりにも予想外すぎた。ええ…?

・アドラメレクの副官メギドの時も思ったんですけど、ウィチセとカイルが仲間にならないちょっといいモブメギドなのがなかなか口惜しいです。せっかくメギド体あるんだしっていう気もするんですけど! でも仲間にはならないんですよねそうですね。

・まさかおじさんに引き続き、立て続けに仲間になるメギドがいるとは思っていなかったので、突然のおかーさんにびっくりしました。奥義でのモーションの可愛さに反した声とのギャップがすごい。
・そうか、このお母さんにあの2人は育てられたのかそうか…。

・海落としトンネルの話は分かりやすく説明してくれていたけど、もう一声言うなら図解もほしい。砂の上に木の棒で描くレベルのでいいから。ほら、モラクスやシャックスのためにも。ね?
・各々逃げながらも各自できることをしてるところが大変好き。
・3節では引き続き熱い展開になりそうでそこはすごく楽しみですね!

攻略

【65】

ここまで来ると毎回すんなりとはクリアはできてないですけど、後半の方がキツイので今となってはあまり印象に残っていないという。再戦した時に苦戦した思い出も蘇ることでしょう…うぐぐ。
メギド体を見ることでようやくあー名前そういうことね!と思い当たるくらいには予測変換やダジャレへの理解に乏しいのであった。

【66】

ここは一発で金管クリアができたところ。
逆を言うと、ここ以外金冠でクリアできたところはなかった。だからいい難易度だなぁと。
ちなみに7章2節の道中ザコにはデカラビアと新しく来たマルコシアス/バーストを連れて行きました。
列攻撃と毒で高い防御を抜きたい。
ザコもダメージ無効やかばうをしてくるのが増えてきたのが面倒ではありますな!

【67】

今回のリトライ最多ポイント。
相変わらず連携する敵に弱い。

最初は前衛取り巻き狙い+ウヴァルで強化解除を狙う方向でしたが、
最終的に後衛ボスにターゲット+インプを連れて行っての感電狙いにシフトしました。

普段使ってない子を突然使うと攻撃の順番が調整がうまくできないオチだったのでここはもうキャラの理解と慣れによるフォトンドリヴンの腕が関わると思うところですね。
火力に関してはベヒモスにお願いしているというところですね。もうここまで来てしまうとベヒモスを手放すことはできないですね…本当に君が来てくれてよかったと思う…。

【68】

細長い龍系じゃなくてクジラなのか…。
クジラというと討伐のクジラが思い起こされるのですが、関係は…多分ないかな。なさそう。

ここのステージはイルカちゃんに比べるとそんなに苦戦はしなかったと言うか、対処すべきことは複数あっても火力自体は痛くなかったのでまだいい方でしたね!
火力は固定ダメージ乗せたベヒモスに、地形はサレオスにおまかせする。

クリアしてみればアライグマの時ほど苦戦しなかったものの、最終的に7章2節は金冠取れていない所が多いので、再戦はもっと戦略練るなり、霊宝育成に手を出すなり、フォトン運を祈るなりする必要がありますな。
それ以上にVHどんだけ難しいんだろうって震えますね…!

7章2節で仲間になった方のキャラストーリー

う、ウスイブックス展開だー!!!

メギドラルとの厳しい戦いに身を置かれているからって、モンモンは細い勝算を掴もうとしすぎではないだろうか。
よりによってその名を挙げてしまうのか…。死に急ぎすぎでは。

やはり出てきたピンク髪の彼女の執心具合やカスピさんのガチ具合が伺えたりと、6話に収めてのこの密度はとても楽しい。楽しかったですね!




タイトルとURLをコピーしました